« 気分転換(動画) | トップページ | オリエンタル~(お知らせアリ) »

2012年6月 2日 (土)

27分の22

古裂屋さんで手に入れた

(惜しみなく裁断できる)使い切りサイズの

小さな古布で~ 「其の22」

Img_1904

ノーパソ 半分 ( pc/2 ) くらいの大きさの布↓

柄合せは…無理 sweat02

Img_1864

布目も 横取り(?) があったり…

Img_1872

楓、桔梗 牡丹、萩、松、

四季花 てんこ盛り~♪(古裂に よくある柄です…)

Img_1906

(薄切れ部分もあり、裏には布製の接着芯を貼って補強してます。)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご覧頂きありがとうございました。

|

« 気分転換(動画) | トップページ | オリエンタル~(お知らせアリ) »

手作り」カテゴリの記事

手芸」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
着々と 棚が埋まっていますね。
風船と紐を通す無地の色のコンビがピッタリで、
のどかさんのセンスの良さを感じます(・∀・)ナイス!
あともうちょっとですね。

四季花てんこ盛り~な着物柄は、
季節を問わず 
一年中着られるのが良いのでしょうね。

投稿: zucca | 2012年6月 2日 (土) 21時09分

zuccaさんへ~^^
いつもご覧下さってありがとうございますheart
布地の中の一色を口べり布に使うことが多いです。
お洋服のコーディネートに似てますね(^^)v

かつて、縮緬は「よそ行き着物」…
zuccaさんのおっしゃる通り
少ない枚数で多くのシーズンに着られるよう
考えられたのが「花のてんこ盛り」なのでしょうか…
物の乏しい時代の「衣」に対する知恵が
表れているようです。

投稿: のどか | 2012年6月 2日 (土) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気分転換(動画) | トップページ | オリエンタル~(お知らせアリ) »