« 制作中…その2 | トップページ | 布のぽち袋 »

2011年11月13日 (日)

人形着物10号(桃)

 に属する日本の伝統色名…

珊瑚色(さんごいろ) 中紅(なかべに) 鴇色(ときいろ)

躑躅色(つつじいろ) 桜色(さくらいろ) 牡丹色(ぼたんいろ)など…

このネーミング…趣深~いですね。。。

(日本の伝統色に興味のある方は こちらを どうぞ⇒ 

結局 なんだかよく分からない 桃 に属する地色の着物解きで

10号サイズ(着丈 31cm、袖丈28cm) です。

Img_0809

前を合わせると ↓

Img_0812

後ろも チラリ↓

Img_0816 

少ない布で 前面を重視したので…

後ろは 見た目 悪いです^^;  アンバランスですね~down

腰上げ部分で 14㎝(7cm×2)も

綺麗な柄が隠れてしまう前に

パチリ↓ camera ↓ (後ろに写っているのはPC)

Img_0766

ノーパソpc のカバーでもよかった? coldsweats01


裁断前↓

Img_0754
これが↑ 一番きれい?

(口に出してはいけません。思うだけにしておきましょ…sweat02

参考書は 数冊あれど…

気づいてみたら こちらの2冊のみを↓ よく開いてます。

Img_0805

巣鴨の市松人形館の館長 斉藤美恵子さん監修。

残念ながら 左は絶版。。。

大切な バイブルです。

和服と同様の縫い方に 加えて

布によっては布製の接着芯を貼ってみたり…

裾ふき 袖ふき 綿入れ 等…

複雑で細かい作業も多々あって …

着物が仕上がった時の達成感は

格別です happy01 up

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご覧頂きありがとうございました。

七五三の季節…なんとか仕上がりました~♪

|

« 制作中…その2 | トップページ | 布のぽち袋 »

お人形の着物」カテゴリの記事

手作り」カテゴリの記事

手芸」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
綺麗な着物ですね
華やかでとっても良いですね
和室のお部屋に 飾ったら いいでしょうね
何時も素晴らしいもの見せていただいて
嬉しいです ありがとうございます

投稿: ミユキ | 2011年11月13日 (日) 15時10分

こんばんは~
色も柄もすごく綺麗ですshine
和服と同じ仕立てだからこそ
風格がありますねlovely
私も作りたいですが難しそうbearing

投稿: new tree | 2011年11月13日 (日) 17時41分

うわぁ~完成したですね
とっても素敵です~lovely
華やかなで鮮やかでとっても綺麗~heart04
おまけに品があるよ~柄凝ってるもんね
 
わかるわ~「達成感」
大変な手間がかかった分・・やっぱ「格別の」だよねhappy02

投稿: ビオラ | 2011年11月13日 (日) 18時24分

のどかさんへ♪
うわぁ~lovely
素敵ですね。
とってもかわいいですheart02
きれいな柄を本当にきれいに活かしていますね。

投稿: mimi | 2011年11月13日 (日) 21時17分

ミユキさんへ~^^
コメントありがとうございますheart
そうですね…きっと、床の間に飾ったりすると
実物以上に映えるとおもいます^^;
残念ながら そういう場がないもので…
撮影用に障子の衝立でをバッグに置いて
カモフラージュしております~

投稿: のどか | 2011年11月13日 (日) 22時17分

new tree さんへ~^^
コメントありがとうございます~heart
小さいながらもお仕立ては本物同様…
しんどいので、もう作るのを止めておこう…
なんて思いつつ、暫くすると…
また手をだしてしまう不思議な魅力があります^^;
いつも繊細で可愛い物をたくさん作られている
new tree さんなら、きっと
楽しみながら サクサクと縫われてしまいますyogood

投稿: のどか | 2011年11月13日 (日) 22時29分

ビオラさんへ~^^
コメントありがとう~heart
最近は 眼がeyeglassしんどくて
細かい縫い目なんか、た~いへん(@_@;)
見えないところは
手を抜いてるところも(多々)あったりしますが…^^;
達成感…聞こえはいいけど
正直、疲労感いっぱいです~gawk

投稿: のどか | 2011年11月13日 (日) 22時37分

mimiさんへ~^^
コメントありがとうheart
いつか着物を縫おうと思って
じっくり熟成させた布(?笑)です。
課題を一つクリアできたような気がします。
子ども着物特有の柄に助けられました^^;

投稿: のどか | 2011年11月13日 (日) 22時43分

本当にあでやかな桃色が美しいhappy01
裾のふきには綿も入れてあるんですね。
本当に細かい作業の達成感はさぞかし…
見ているだけで幸せ気分です。

投稿: | 2011年11月14日 (月) 11時55分

こんにちは^^
色も柄もあでやかですね。
こうして拝見するだけでも魅了されます。
のどかさんの達成感は如何ばかりかと。。。confident

日本の伝統色の奥深さも惹かれます。
「桃」のお着物、堪能させていただきました。

投稿: アガパンサス | 2011年11月14日 (月) 13時07分

お名前なし…さんへ~^^
コメントありがとうございますheart
裾のふき部分には青梅綿といって
ドラッグストアーで取り寄せた
脱脂綿に似た物を入れています。
関心をお寄せいただき嬉しいですhappy01

投稿: のどか | 2011年11月14日 (月) 21時41分

アガパンサスさんへ~^^
コメントありがとうございますheart
写真では分かりづらいですが、
この布は昭和中期頃のもので古びています。
洗い張りをしてありました。
しっかりとのりづけがしてあって、
固くて縫い難く…針を折ったりもしましたdown
苦心しましたが…見て頂けてとても嬉しいです。happy01

投稿: のどか | 2011年11月14日 (月) 21時58分

こんばんは~night
うぁぁ~かわいいheart04
色も柄もこんなに可愛い着物があるんですね。
仕立てあがった達成感は想像できます。
いつもながらのどかさんの着物は素敵shine
↓ マトリョーシカやもみじの押絵も独創的で素敵。
 
すっかりご無沙汰してしまいました。何やかやと
忙しくコメントも残せず、よっちのブログのUPも
ままなりません。のどかさんのところにお邪魔
させていただくのを楽しみにしています。

投稿: よっち | 2011年11月15日 (火) 21時04分

よっちさんへ~^^
コメントありがとうございますheart
こちらこそご無沙汰しております。
着物を縫う前に小物作りで少々ばかり
つまみ食い(?)をした布です^^;
久々なので縫い方を忘れてしまって…
余計に時間がかかりました。
よっちさんの「ウールの着物の押絵」を拝見しました。
可愛い~lovely
落ち着いた色合いの着物に明るい色の帯がピッタリheart04
台紙の縁取り等、よっちさんならではの繊細さですねshine
私もまた着物の押絵を作りたくなりました。
お忙しそうですが、
どうぞお体大切にお過ごしください。

投稿: のどか | 2011年11月15日 (火) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 制作中…その2 | トップページ | 布のぽち袋 »