« レトロな建物in函館(その2) | トップページ | 着物の押し絵(その5) »

2011年8月28日 (日)

着物の押し絵(その4)&プロ魂

引き続き・・・

縮緬で 着物の押し絵です。

今回は男の子用の雰囲気に…

Img_0425

折り紙サイズのハギレを消費するにはピッタリgood

なもんで…もう少し(飽きるまで?)

押し絵 づくりは きっと続くと思います~sweat02

サイズが分かるように

20㎝の竹尺を置いてみました。↓

Img_0424

着物コレクションが徐々に増えていくような

楽しさがあります~^^♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さて、

日頃よく行く スーパーの一角に出店している 

焼き立てパン屋さん bread での事。

40歳代のあるパート店員さん(たぶん…) 

スーパー中に響き渡る 明るいshine 大きな声で

パンを並べながら…接客しながら…

「いらっしゃいませ~~♫」

「いかがでしょう~かぁ~~」

「ただ今 ○○パンが焼き立て で~す♪」

「いかがでしょう~かぁ~♬」

いつ行っても この方が勤務中である限り

一生懸命な 売り声が響いている。

1分たりとも いやっ、 30秒たりとも 黙ってはいない。

「いらっしゃいませ~~♫」

「いかがでしょう~かぁ~~」

「ただ今 ○○パンが焼き立て で~す♪」

「いかがでしょう~かぁ~♬」

常に声を発し!

仕事に手抜きなし!

(時給は変わらないだろうに…)

プロに徹する 姿勢に 感動shine

一生懸命なこの方を 応援したくなって

今日もまた このお店に すぅ~っとdash 引き込まれる coldsweats01 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ご訪問ありがとうございました。

最近 このワナ(?)に よくハメられる・・・breadbreadbread

|

« レトロな建物in函館(その2) | トップページ | 着物の押し絵(その5) »

手作り」カテゴリの記事

手芸」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
ご無沙汰です。
たくさんの着物の押絵どれも素敵ですheart04
少しの生地でいろいろと着物が楽しめて
いいですね。こうして残しておくと
いつでも眺められて生地も無駄にならず
私もやってみたいですnote

北海道 趣のある建物が乙女?心をくすぐります。

投稿: よっち | 2011年8月29日 (月) 11時34分

続けて続けて~
この押し絵シリーズ(勝手に名付けてるbleah)わたしも気に入ってるんだもぉ~んhappy02
男の子のんも可愛いね~こういう色好っきゃわ~lovely
 
あるある・・元気な声に誘われること
ここのお店美味しいだろうって思っちゃうもんbread

投稿: ビオラ | 2011年8月29日 (月) 20時38分

よっちさんへ~^^
こちらこそご無沙汰しております。
折り紙サイズの小さなハギレを傍らに
着物コレクション(?)が増えていくようで…
布の取り合わせが楽しいです~♪

函館は古き趣が街の随所に見られて
乙女心も高鳴りましたヨ…(笑(*^_^*)

よっちさんの化粧箱、拝見しましたheart
いつもながら、布合わせも素敵lovelyですね。
flairこういう箱の中に
お気に入りのハギレを入れておけたらいいなぁ~heart04
なんて思いました。
きっと手作りの時間もより楽しくなりますねgood

投稿: のどか | 2011年8月30日 (火) 22時05分

ビオラさんへ~^^
着物の押し絵シリーズは
もう少々続けるつもりです。^^;
小さなハギレがどっさりあるもんで…sweat02
ぜひお付き合いください~♫

このパン屋の店員さんの「プロ魂」には
いつも、本当に頭が下がる思いです。
歳のせいか、感動しやすい(?)私です…coldsweats01

投稿: のどか | 2011年8月30日 (火) 22時13分

のどかさんへ♪
かわいい押し絵ですね。
生地が違うだけで雰囲気もずいぶん変わるのですね。
色合わせも楽しみです。
また見せてくださいhappy01

投稿: mimi | 2011年8月31日 (水) 23時29分

mimiさんへ~^^
コメントありがとうheart01
布合わせは楽しくもあり、しんどくもあり…
小さいので柄の取り方にも悩むところです。
出来上がりの達成感に支えられえます。
ぜひまた遊びに来てください~note

投稿: のどか | 2011年9月 1日 (木) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レトロな建物in函館(その2) | トップページ | 着物の押し絵(その5) »